婚活テクニック

警察官と結婚するには?出会いのきっかけ作りと幸せになれるのかを徹底検証!

投稿日:

警察官と結婚するには?出会いのきっかけ作りと幸せになれるのかを徹底検証!

不安定なこのご時世、「願わくば安定した職業の男性と出会いたい!結婚したい!」と考えるのは当然というよりもはや必然。

一般企業と違ってリストラもなければ収入だって高い、そして何より社会的にも信用が厚い「警察官」は特に人気の職業です。

とはいえ、一体どこでどうやって知り合えるの?

そもそも、本当に幸せになれる?

いざ警察官との結婚を考えてみても、ちょっと分からないことだらけですよね。

ということでここでは、警察官と出会いたい婚活女子のために「出会えるきっかけ作りの方法」と「警察官と結婚したら本当に幸せになれるのか」を考えてみました。

警察官と出会いたい!どうやってきっかけを作ればいい?

勤務も不定期で一般企業のように土日祝日が休みともいかず、なんてたって未だ男社会。

警察官本人たちも出会いづらさを痛感してるようですね。

では、世の独身警察官たちはどこで出会いを見つけているのでしょう?

早速見ていきましょう!

持つべきものは友人!横のつながりを駆使して出会っている

女性と出会う機会が少ない警察官の出会いのきっかけのといえば、ダントツ「友達からの紹介」。

警察学校時代の同期生や、学生時代の友人、そしてその友人の友人と、横へ横へとつながりを広げていることがとても多いですね。

同じ組織に属しているので互いに苦労は分かるし、同期生同士であれば絆も固いので協力し合うのも当然。

まさに、持つべきものは友というわけ。

つまり、「警察官と出会いたいなら警察官の友達を利用する」または「警察官の友達がいる友達にお願いする」のが1番。

結婚適齢期の男性警察官も出会いに飢えているので、合コンや飲み会に誘えばほとんどが同僚引き連れて参加してくれるはずです。

いわゆる”神頼みならぬ友頼み”というわけですね(笑)

残念ながらそんな友達がひとりもいないなら、次に紹介する婚活パーティーや結婚情報サービスの利用をおすすめ!

婚活パーティーに参加していることも多いが競争率の高さは異常!?

日常生活で出会いの少ない警察官は婚活パーティーに参加していることも多いようです。

しかし、警察官のみならず公務員限定のパーティーは申し込み開始からすぐに定員が埋まってしまうことが多々!

つまり、、、スタートラインに立つ時点で難易度がかなり上がってしまう…!

たとえ参加できたとしてもまわりの女性陣はみなライバルなわけで、若くてルックスもそこそこ良いとなるとそれはもう一斉にワラワラと群がってくるので、じっくりとコミュニケーションを取るのは至難の業。

なにより自分自身のコミュニケーション能力やスペックも必要となると、ハードルはかなり高い…かも。

とはいえ確実に警察官と出会えるし、運がよければその日のうちにカップリングすることもできるのは大きなメリットですよね。

そのため競争率の高い婚活パーティーではありますが、”出会いを求めている警察官と大勢出会える”という点ではおすすめできるきっかけ作りの方法です。

婚活サイトより結婚相談所を選んでいる!なるほどなその理由とは?

婚活サイトは身近で便利な出会いのツールですが、身元が不確定なことやこまめにメッセージを交換しなければいけないのは、警察官にとっては利用しにくいポイントでもあります。

また、職業柄大っぴらに職業を名乗りたがらない人も多いのが警察官。

職業欄を「公務員」と選択している人も多く(公務員しか選択できないサイトも含む)、一見して相手が警察官かどうかが分かりにくいのがネック・・・。

警察官と(が)出会うという点では双方にデメリットが多く、正直婚活サイトの利用はちょっと遠回り。

反対に結婚相談所では身元をしっかり保証してくれる上、相手に希望する条件に「警察官」と伝えればほぼ確実に紹介してもらうことができます。

お金も手間もかかる分、「手っ取り早く」「確実」に「本気で婚活している警察官」と出会える結婚相談所は、出会う方法としては最もベストなんですね。

でも、結婚相談所って敷居が高いしどこがいいのか分からない・・・という人も多いですよね。

そんな人には「結婚相談所比較ネット」がおすすめ。

このサイトでは各結婚相談所の詳細から婚活ノウハウまで紹介しているので、初心者さんやなかなか婚活が上手くいかないという人にもピッタリ。

そのなかでもぜひ利用してみて欲しいのが「無料診断テスト」。

というのも、婚活をスムーズに進めるためには自分自身をしっかりと把握することはとっても大切で、この無料診断テストはまさしく自分でも気づかなかった恋愛傾向や結婚力を知ることができるんです。

自分を知らないことにはスムーズな婚活なんてあり得ない!

気軽に短時間でできる簡単なテストなので、結婚相談所に入会する前にまず1度試してみてくださいね。

全国にある複数の優良結婚相談所の資料を一括で取り寄せができます

結婚相談所比較ネットの詳細はこちら

警察官との結婚ってどんな感じ?幸せになれるのか徹底検証してみよう

できることなら幸せになりたい!失敗したくない!からこそ、警察官の妻って幸せになれるのか気になりますよね。

ということで、結婚生活を送るにあたって超重要な

・「経済面」

・「生活環境面」

・「将来性」

の3つの観点から幸せになれるのか徹底検証してみましょう!

経済面では安心・安定・安全の3拍子が揃っているから理想的

警察官は初年度の年収でも300~400万、それ以降は平均でも600~800万と、同世代の地方公務員のなかでも高い水準になっています。

年齢に応じて毎年少しづつ昇給していくと同時に、通勤手当・住宅手当・残業手当といった福利厚生もかなり手厚いのも特徴。

ついでに警察官は相場よりかなり安い家賃で社宅に入居できるので、生活費のコストダウンも期待できてしまいまさに至れり尽くせりな家庭環境!

ボーナスが支給されるのか、給与がカットされないか、はたまたリストラされないか、心配が尽きない一般企業のサラリーマンと比べたら、安心・安定・安全な理想的な職場といえます。

それに安定した生活には収入(経済力)があってこそ!

贅沢さえしなければ少なくとも金銭面で苦労をする心配はさなさそうですね。

生活面では苦労を強いられる場面が多々ある

部署にもよりますが、結婚適齢期の独身警察官のほとんどは不規則な勤務体系。

その場合カレンダー通りに休みになるわけもなく急遽勤務体系が変更になることもあれば、時には休み返上で駆け付けなければならないことも…。

つまりプライベートの時間が少なく予定の変更やドタキャンは日常茶飯事。

そのためあなたが土日祝日休みの場合、互いの予定を合わせることはかなり難しいかも…。

また、災害時に至っては緊急招集をかけられる可能性が大なので、守ってもらえるどころか自分が家族を守らなければいけません。

そして残念ながら、警察官とお付き合いをしたいなら、絶対的にその環境を受け入れなければいけません。

なぜならお相手は国を守る警察官、自分や家庭の都合よりも仕事を優先させるのが当然の職業なんです。

つまり、家庭をなるべく優先してもらいたいという人には、警察官の日常はただただストレスになってしまうことに。

とはいえ、ポジティブに考えれば自分の時間が自由に取れるということでもあるので、「夫は元気で留守がいい」と割り切れる人ならありかもしれませんね。

ちょっと意外?警察官には転勤が付きものだった

生活環境面で知っておくべきことがもうひとつ。

地方公務員といえば転勤のイメージはあまりないかもしれませんが、警察官は3~5年に1度は転勤の辞令が下るいわゆる”転勤族”です。

都道府県警察はその県のなかでの異動ですが、県の端から端へということもあるので、どこへ配属されるかで通勤距離はかなり変わってきます。

一応その時期が来ると希望は出せるようですが、希望通りに配属されることは難しいといわれているので、この辺はあまり期待しない方が良さそう・・・。

しかも自宅から通える範囲を超えた配属先の場合は、引っ越しが義務付けられているとのこと!

単身赴任をしてもらうという選択肢もありますが、この点でもちょっと苦労しそうなポイントですね。

将来性は本人の努力によるところが大きい

警察官の昇進は試験を受けパスすれば段階的に階級が上がっていくというもので、試験勉強をしっかりしているかどうかが昇進の分かれ目になります。

ただし年功序列の警察では昇進したからといって大幅な給与アップは期待薄・・・。

どちらかというと希望する部署へ配属されたい、ゆくゆくは後進の指導や捜査の指揮をしたいという意識の方が大きいようですよ。

妻としては夫に昇進を期待するのは仕方のないことですが(笑)、本人たちは警察組織のなかでの立ち位置をどうしたいかということがメインなんですね。

とはいえ治安を守る警察官は社会的信用も高いし、大勢の部下を持ち捜査の指揮を取るようにまでなると、妻としても誇らしさや優越感を感じるはず。

将来性で考えると一概に幸せかどうか判断しづらいですが、出世欲の高い警察官であれば昇進目指して日々頑張るので、さらに家庭で過ごす時間が少なくなる可能性が高く、反対に出世欲がない警察官であれば、家庭の時間は取れますが巡査部長止まりで交番勤務が続くことがありえます。

ここでもあなたが「結婚生活に対してどんなビジョンを持っているか」で評価が変わりそうなポイントですね。

警察官との結婚で幸せになれるかは結局自分次第

経済的に安定している反面、生活面では苦労が多そうな印象だった警察官。

結局、幸せになれるかどうかは「警察官という職業をあなたが受け入れられるかどうか」。

そして「どんな結婚生活を望んでいるか」で大きく変わってしまいます。

プライベートな時間が少ないことや勤務体系が不規則なこと、そばにいてほしい時にいてもらえないことなど、すべてを含めて理解してサポートできなければ幸せになることはできません。

・「好きなだけ」

・「憧れ」

だけではうまくいかないのが警察官との結婚です。

どうしても警察官と結婚したいなら、ある程度の覚悟と忍耐力、そして精神力も必要なのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

的を絞って婚活すれば、思ったより手が届かなそうで届くところにいる警察官。

大変なのは「出会う努力」より「出会ってからの日々」でしたね。

思い描いた結婚をするためにも、この記事を今後の婚活に生かしてもらえたら幸いです!

婚活中の方は見ておくべき記事

婚活サイト2017年おすすめ一覧!選ぶべきポイントを完全網羅 1

2017年になりました。昨年婚活が思うようにいかなかった方は、「今年こそは!」と思っているかと思います。 2016年の婚活の反省点をぜひ生かしてほしいと思います。 さて、その婚活を2017年こそ成功さ ...

婚活サイトで「女性無料」なところでは真剣な出会いはある?ない? 2

婚活サイトの利用を検討している女性の中で、「女性無料」であることを条件にいれる方が多くいます。 最初はリスクなしにお試しでやってみたい 無料や格安って女性の特権でしょ? 婚活でお金を出すことが嫌だ タ ...

30代にオススメの婚活アプリと出会いから結婚までの攻略のコツ 3

社会人になり、仕事やプライベートに大忙し! ふと気づけば30代になっていて、周りの友達はどんどん結婚しちゃってる!! …そんな方もたくさんいるのではないでしょうか? 「仕事も落ち着き、そろそろ結婚した ...

【2017年版】本当に出会える婚活サイトランキングTOP5! 4

「今年こそは本格的に婚活をスタートさせよう!」 年も明け、そう気合を入れている人も多いのではないでしょうか? だけど婚活サイトといっても数が多すぎて、どこへ登録しようか、何がいいのか迷ってしまいますよ ...

【具体例付】出会いがない社会人の特徴と隙間時間に取るべき行動とは? 5

「恋人が欲しいのに出会いがない」 こんなセリフをふと、口にしていることありませんか? 20代といえば就職して社会人としてのイロハや仕事と学ぶべきことが多すぎて、環境の変化に日々が目まぐるしく過ぎていく ...

-婚活テクニック

Copyright© 婚活サイト口コミ比較ガイド※そろそろ本気で結婚したいあなたへ , 2017 All Rights Reserved.