婚活テクニック

結婚相手の選び方とは?妥協は本当に必要?男女別に徹底解説!

投稿日:

結婚相手の選び方とは?妥協は本当に必要?男女別に徹底解説!

今や離婚、再婚、シンママ、シンパパなんて珍しくなくなった世の中。

『失敗したっていくらでもやり直せる』とはいうものの、できれば失敗したくない結婚。

結婚相手次第で今後の自分の人生が左右されるかも!と思えば尚更ですよね。

だけど結婚に妥協は付き物とも言うし、、、。

一体どうすればいいの?!

ということでここでは、結婚相手に本当に妥協は必要なのか?

だとしたら、どうやって結婚相手を選べばいいのか?男女別にまとめてみました!

なぜ妥協が必要といわれるのか?

誰しも収入・価値観・住んでいる場所など、相手に対する理想や希望がありますよね。

できれば限りなく理想に近い人と結婚したいと考えるのは当然のこと。

だけど「理想ばかり追い求めていると結局いつまで経っても結婚できない」から、「結婚したいなら妥協しよう」という風潮になっている気がしませんか?

その1番の原因は、結婚したくても結婚できない“婚活難民”が増えているからではないでしょうか。

婚活難民が増えている理由とは?

婚活難民が増えているのは、需要と供給のバランスがズレていること。

例えば理想の結婚相手像がかなりハイスペックな場合。

  • 「お金持ちで、イケメンで、身長も高い方が良いな」
  • 「美人で、料理が上手で、俺のワガママ何でも聞いてくれる人」

では実際、それを希望する人のスペックはどうなんでしょうか?

理想通りの人がいたとして、自分はそれに釣り合っているのでしょうか?

ここがズレ。

次に晩婚化も考えられますね!

昔に比べて女性は晩婚化しているにも関わらず、年下の女性を希望する男性が多い。

色々と事情もあるので仕方ないことかもしれませんが、ここでもズレが出ていますよね。

本当に妥協は必要なのか?

結婚生活にまつわる有名な格言に「夫婦生活は長い会話である」という言葉があります。

つまり、結婚はゴールではなくスタート。

その人とずっと話し続けられる(人生を走り続けられる)かどうかが大切なんです。

妥協して結婚したとしても

  • 「こんなはずじゃなかった」
  • 「あそこで妥協しなければ」

と後悔し始めると、結婚生活は暗礁に乗り上げてしまいます。

人生80年だとして、20代で60年、30代で50年、40代で40年。

結婚後の生活の方が断然長いんです。

その間に嬉しいことや、悲しいこと、ツライこと、腹が立つこと、たくさんあります。

結婚できるからといって妥協して選んだ相手と乗り越えていけるのでしょうか?

それも考えながら、次に理想の条件と実際に妥協した条件のランキングを見ていきましょう!

相手に求める理想の条件TOP3

女 性 編
1位 性格・価値観が合う
2位 優しさ・思いやり
3位 収入
男 性 編
1位 優しさ・思いやり
2位 性格・価値観が合う
3位 家事

男女で1位と2位が微妙に入れ替わっているのが面白いですね。

男性は癒しを、女性は相性を重視しているということでしょうか?

また、3位に年収と家事がランクインしていることも考えると、男性ならしっかりと家庭を支えてくれる女性らしさを、女性は家族を守ってくれる男性らしさを相手に求めているということですね。

3位はどちらも恋人には求めないけど結婚相手には求める条件なのは、やはり恋愛と結婚は別物の表れ。

実際に妥協した条件ランキングTOP3

次に既婚男女が結婚で実際に妥協したこと。

女 性 編
1位
2位 収入
3位 住む場所
男 性 編
1位 家事
2位
3位 収入

女性は理想の条件にはランクインしていなかったルックスを妥協。

「美人(イケメン)は3日で飽きる」とは言うけれど、実際に顔は「生理的に無理!」という場合は除いて1番妥協しやすいポイントだったのかもしれませんね。

反対に男性は3位にランクインしていた家事を妥協。

今では共働き家庭が主流になっているので、夫婦で分担という考え方が広まっているからと考えられますね。

どんな風に妥協するかで婚活は変わる

ここでいう妥協とは“落としどころ”。

  • 「これだったら大丈夫」
  • 「ここまでなら気にならないな」

“諦める”のではなく“納得する”。

できるだけズレを埋められるようにすることが、結婚相手を選ぶ時の重要なポイント。

人は自分がきちんと納得したことに対しては、あまり後悔を感じないそう。

言葉通りの“妥協”ではなく、“納得”という意味での妥協は、ある程度誰にでも必要なのかもしれませんね。

妥協上手になるためのSTEPとは?

上手に落としどころを探せる方法を説明していきますね。

STEP1 理想の条件を書き出してみよう

まず結婚相手に求める条件や理想を、大きめの紙に書き出してみましょう。

どんな小さなことでも良いし、お金持ち・公務員・美人(イケメン)などでもOK。

ここでは『自分の考える最高の結婚相手』を思い描いて、全て書き出すことがポイントです。

STEP2 優先順位を付けてみよう

次は書き出した理想や条件に対して優先順位をつけていきましょう。

自分にとって妥協したくない条件、妥協してもいいと思える条件、ただ漠然と頭でイメージするよりも紙書いて明確にすることで、ブレない婚活ができるようになります。

なかなか婚活がうまくいかない人の特徴として、条件や理想がブレていることもあげられるので、そのためにもこれは効果的ですよ。

STEP3 許容範囲を考えてみよう

このステップで最も重要なのがここです。

書き出して優先順位をつけた条件に対して、“どこからどこまでならOKなのか”許容範囲を考えてみましょう。

自分が思い描いた条件を最高レベルだとして、どのレベルまでなら下げても大丈夫なのか、具体的に考えたら条件の横に書いてみること。

年収は600万以上が良い→なぜ600万以上じゃないとダメなんだっけ?

家事ができないと嫌→家事といっても料理ができればいいかも?

ルックス→イケメン(美人)にこだわらなくても困らないな。

こうして許容範囲を考えながら条件を掘り下げていくと、意外とストライクゾーンが広いことに気づきます。

なぜこれじゃないとダメなのか、なんのためなのか、意外とそこまで考えている人は少ないもの。

そしてこのステップで書き出した許容範囲こそが、自分が納得できる“落としどころ”というわけ。

とにもかくにも、まずは自分としっかり向き合うことがスタートなんですね^^

男性の上手な結婚相手の選び方

男性が女性に求めるべきことをまとめてみました。

信頼されているか

長い結婚生活を送るにあたって『信頼されているか』というのはとても重要。

  • 何があっても信じてついてきてくれるか。
  • ここぞという時には支えて応援してくれるか。

これは全て信頼が根底にあってこその行動です。

特に男性は仕事でプレッシャーを感じることが多いため、家庭に癒しや居心地の良さを求める傾向にあります。

つまり、“信頼=安定・癒し・日々の原動力”ということ!

信頼されているからこそ自分も相手を信頼することができるわけで、信頼は一方通行ではいけません。

相手を信頼できるのかも考えるべきで、信頼あってこその結婚生活ですよ。

内面を磨いているか

外見を重視したい男性は少なからずいると思いますが、今の状態が続くのは数年でそもそも容姿は衰えるもの。

反対に内面は年月を重ねるほど、磨かれていくものです。

結婚において内面を磨くとは、精神的に安定しているかということ。

というのも、心が安定していない=乱れている状態は、思いやりに欠けひとりよがりになりがち。

  • 相手の気持ちを考えられない。
  • 中身がない(自分の意見がない)。
  • 相手に依存する。

家庭を築くという意味でも、こんな女性は残念ですよね。

内面を磨いている女性は、前向きでポジティブだし、自分意見をしっかり言える人が多いです。

精神的に強いので、ドーンと構えて家庭を守る安定感もあります。

つまり、良好な結婚生活を送るためには『顔の美人より心の美人』ということですね!

周りの人との関係性

自分の家族と上手に関係を結べるかも重要なポイントです。

最近では嫁姑問題が原因で離婚という話も珍しくはありませんよね。

これは相手の友達や家族、または食事に行った時の店員への接し方などからある程度分かります。

身近な友達や家族に気を使える人なら、基本的に優しく思いやりのある人なのかもしれません。

反対にワガママや横柄な態度を取る人なら、結婚後数年するとあなたや家族に対してもそうなるかもしれません。

特に男性としては、この点をしっかり見極めておくと後々身のためにもなるので、細心の注意でチェックするといいですね。

女性の上手な結婚相手を選び方

女性が男性に求めるべきことをまとめてみました。

安心感があるか

「一緒にいるとなんだか落ち着く、条件も悪くない、だけど恋愛感情はどうだろう・・・?」

いざ結婚相手を選ぶ時に、こう悩む女性も多いようです。

でも、よーく考えてみましょう。

結婚生活は山あり谷あり。一瞬ではなく、何十年も続くもの。

これから長い人生を共に過ごすパートナーとしては『刺激よりも安心感』を重視するべきだと思いませんか?

安心感のある人との結婚は、ときめき重視の結婚よりも幸せになれることが多いといわれています。

なぜなら、ありのままの自分でいられる人となら、気負わず、気張らず、何があってもふたりで乗り越えていこうと頑張れるからなんですね。

ただし、ときめきを感じる人がダメなのではなく、『ときめきにこだわり過ぎない』ことがポイントですよ!

幸せにしたい・支えてあげたいと思えるか

多くの女性が「結婚して幸せになりたい!」と望んでいますよね。

では、幸せな結婚生活を送るにはどうしたらいいでしょう?

「自分を大切にしてくれる人と結婚する」と答える人もいるかもしれませんが、正解は「自分が相手を幸せにしたい・支えてあげたい 」と思えるかどうか。

そんな気持ちは相手にも伝わるし、男性にとっての日々の原動力にもなります。

幸せは相乗効果。

今度はあなたを幸せにしようと頑張ってくれるはず。

幸せになりたいなら相手に幸せを求めるのではなく、幸せにしてあげることから始めましょう!

生活力があるか

生活力とは家事だけではなく、現実問題に対しての対応力のことでもあります。

例えば、

  • 自分が体調を崩した時にはある程度、家事を代わってやることができるのか。
  • 不測の事態になっても、パニックにならず自分の意志と方法で対処できるのか。
  • この先の人生で何かが起きたとしても、安心して家族を任せられるのか。

生活力がある男性というのは、自分の選択や行動に責任を持っているし、自分の考えだけにとらわれず柔軟な物の見方ができる人がとても多いです。

共働きが当たり前の世の中になっていますが、男性の“家長”としての立場は変わらないですし、いざという時もそれ以外でも頼りなるのは生活力のある男性なんですよ。

まとめ

いかがでしたか?

『好きだけでは結婚できない』というのは本当だと思いませんでしたか?

自分が幸せになるためにも、理想の結婚ではなく『心から納得できる結婚』を目指すといいですね!

婚活中の方は見ておくべき記事

婚活サイト2017年おすすめ一覧!選ぶべきポイントを完全網羅 1

2017年になりました。昨年婚活が思うようにいかなかった方は、「今年こそは!」と思っているかと思います。 2016年の婚活の反省点をぜひ生かしてほしいと思います。 さて、その婚活を2017年こそ成功さ ...

婚活サイトで「女性無料」なところでは真剣な出会いはある?ない? 2

婚活サイトの利用を検討している女性の中で、「女性無料」であることを条件にいれる方が多くいます。 最初はリスクなしにお試しでやってみたい 無料や格安って女性の特権でしょ? 婚活でお金を出すことが嫌だ タ ...

30代にオススメの婚活アプリと出会いから結婚までの攻略のコツ 3

社会人になり、仕事やプライベートに大忙し! ふと気づけば30代になっていて、周りの友達はどんどん結婚しちゃってる!! …そんな方もたくさんいるのではないでしょうか? 「仕事も落ち着き、そろそろ結婚した ...

【2017年版】本当に出会える婚活サイトランキングTOP5! 4

「今年こそは本格的に婚活をスタートさせよう!」 年も明け、そう気合を入れている人も多いのではないでしょうか? だけど婚活サイトといっても数が多すぎて、どこへ登録しようか、何がいいのか迷ってしまいますよ ...

【具体例付】出会いがない社会人の特徴と隙間時間に取るべき行動とは? 5

「恋人が欲しいのに出会いがない」 こんなセリフをふと、口にしていることありませんか? 20代といえば就職して社会人としてのイロハや仕事と学ぶべきことが多すぎて、環境の変化に日々が目まぐるしく過ぎていく ...

-婚活テクニック

Copyright© 婚活サイト口コミ比較ガイド※そろそろ本気で結婚したいあなたへ , 2017 All Rights Reserved.