婚活テクニック

婚活するときの服装って?男性・女性別でみるOKとNGの事例とは?

投稿日:

婚活するときの服装って?男性・女性別でみるOKとNGの事例とは?

第一印象ってとっても大事ですよね。

  • 「清潔感のある服装で~」
  • 「無難な服装で~」
  • 「女性(男性)らしい服装で~」

なーんて説明はされるけど、逆にアバウトすぎて難しい。

一体、何を着たらいいんだー!と、悩んでいるそこのアナタ。

そうなんです。

男性目線では特に気にならないことも、女性にとってはありえない!と感じることもあれば、一生懸命着飾ってきたのに、なぜか男性にドン引きされてしまうことだってあるんです!

せっかくの婚活、マイナスイメージから始めたくないですよね。

そこで、男性・女性別でみるOKとNGの事例をまとめてみました!

もくじ

婚活では着てはいけない?ありがちNGファッション 女性編

もしかしてやっちゃってるかも?

女性にありがちNG編を見ていきましょう!

可愛すぎる

フリフリしすぎなフリル、大きなリボン、鮮やかすぎるピンク。

ちょっと選び方を間違えるだけで、不思議ちゃんのレッテルを貼られてしまうかも?!

“可愛さ”にこだわりすぎるのも問題です。

女性ウケと男性ウケを理解していない

  • ワイドパンツ
  • ガウチョパンツ
  • スカーチョ

などなど、女性の流行りって男性には結構理解不能なものが多い・・・!

こなれ感や個性を出し過ぎてしまうと、自己主張の強い女にも見えてしまうので要注意。

体型隠しすぎる

年を重ねるごとにボディラインが気になってしまうのは仕方のないこと。

だからといってオーバーサイズの服は若さを感じにくいし、だらしなく見えてしまいます。

隠しているつもりでも隠れていないし、まったくの逆効果。

メインで原色を着る

青・赤・黄などのビビットな色は派手で強気な印象を与えがち。

女性らしさや癒しを求めている男性にとってはマイナスです。

小物やワンポイント程度に抑えましょう。

メインで地味色を着る

原色とならんでNGなのが、黒・グレー・カーキなどの重たい色。

特に黒は痩せ見え効果もあるので使いたいところですが、女性らしい魅力を半減させてしまうので避けるべき。

カチッとしたビジネススーツ

本人はデキるキャリアウーマン風にスーツでバシッとキメてるつもりでも、ただただ真面目でお堅い印象を与えてしまう恐れあり。

服装にも隙は必要です。

大きなカバン

何が入っているのか不思議なくらい大きなカバンを抱えていると、とにかく野暮ったさを感じます。

必要最低限のものが入るサイズのカバンを持ちましょう。

肌色以外のストッキング

基本、ストッキングはベージュ以外ありえません。

黒は冠婚葬祭だし、カラータイツは奇抜すぎ。

そして、網タイツは太さによってはボンレスハム。

あからさまにセクシーを狙う

胸元や背中がバッチリ見える服装は、女性にとってセクシーでも男性にとっては違うよう。

セクシーというよりも、むしろ目のやり場に困るだけ。

じゃらじゃらのアクセサリー

あまりにじゃらじゃらつけると、華やかさより安っぽさが目立ちます。

とはいえ大ぶりなアクセサリーも、好き嫌いが分かれてしまいます。

無難に行くなら、シンプルなデザインのアクセサリーを1~2点に抑えるとベスト。

女性向け服装ガイドのポイント

ぶっちゃけ女性が気にしているほど、男性は気にしていないというのが本音。

「女性の思うオシャレ」と「男性の思うオシャレ」は基本別物だと覚えておきましょう!

ということで、押さえるべきポイントは2つ。

○○すぎない

コーディネートの基本は『シンプルイズベスト』。

  • つけすぎない
  • やりすぎない
  • 気合入れ過すぎない

この考えが一番大切です。

とはいえシンプルすぎても個性がないので、小物でアクセントをつける程度の控えめさが◎。

年相応を心掛ける

若作りと若見えは違うし、大人っぽさと老け顔も違いますよね。

  • 20代なら可愛らしさを。
  • 30代なら大人の艶やかさを。
  • 40代なら落ちついた華やかさを。

大人っぽく見せたいなら年齢プラス5歳。

若々しく見せたいなら年齢マイナス5歳。

年代ごとにあった魅せ方を意識してみましょう。

婚活向き服装ガイド 女性編

それでは、以上を踏まえて婚活にピッタリな服装を見ていきましょう!

ワンピースは男性ウケNo.1

  • 『柔らかさ』
  • 『癒し』
  • 『清楚さ』
  • 『誠実さ』

その全てをイメージさせるワンピースは婚活の王道スタイル。

シルエットはAラインや、ウエストがキュッと締まっているタイプがおすすめ。

ボディラインを程良く強調することで、

さらに女性らしくみせてくれます。

スカートの長さは超大事

ひざ丈か、もしくは膝上5センチ程度までが基本。

それ以上短いと派手なイメージに、それ以上長いと野暮ったいイメージに。

ドーン出すよりもチラッと見えるくらいが男性には好印象です。

パンツを履くなら抜け感を大切に

似合わない服を着ているだけで婚活には不利。

あきらかにスカートが似合わないタイプなら、潔く諦めるのも手。

ただしパンツスーツのようなカチッとしたものではなく、生地や形、色合いで女性らしさを出すこと。

例えばくるぶしが見えるアンクルタイプなどがおすすめです。

柄モノは控えめならOK

大柄でなければ問題なし。

小花柄や水玉柄は可愛らしさを感じさせるので、柄が目立ち過ぎないデザインを選ぶといいですね。

明るく柔らかい色をメインにする

白やベージュは光を反射するので顔色も明るくなり、清純なイメージをもたれます。

男性からも人気の高い、婚活の王道カラーともいえますね。

ほかにもピンクは女性らしさを、水色は爽やかさをイメージさせるので、相手に魅せたいイメージで選ぶと◎。

ヒールの高さは3~5センチまで

足をスラッと見せたいがために高いヒールを履く女性は多いですが、世の中の男性、みな自分より身長が高いとは限りませんよね。

ヒールだと分かっていてもいざ自分と同じ目線に立つ女性には、遠慮してしまう男性もいるので、なるべく3~5センチ程度にするといいですね。

生地は質感重視で選ぶ

柔らかさのシフォン、艶やかさのシルク、色っぽさのレース。

男性は女性と違って全体のイメージで判断する傾向があります。

とろみがある生地は抜群に女性らしさを感じさせるにはもってこいの生地です。

婚活パーティーに着てはいけない?ありがちNGファッション 男性編

それでは続いて男性のNG編を見ていきましょう。

全身黒づくめ

本人はカッコ良くキメているつもりでも、冠婚葬祭のイメージが強く堅苦しさを感じてしまうので、女性は近寄りがたく感じてしまいます。

パーティーにそぐわないルーズなファッション

ちょい悪オヤジ風に胸元を開けていたり、ダメージ加工の服を着ていたり。

デートにはいいかもしれませんが、婚活の場では不向き。

空気の読めない人、だらしのない人と思われてしまいます。

ナルシスト系ファッション

光沢のあるスーツや、つま先のとんがった靴は男性ウケ。

チャラさや軽薄さをイメージさせてしまいます。

短パン

一応セミフォーマルな場なので、脚のスネ毛を晒すのはやめておきましょう。

バンドがボロボロになっている時計

女性は男性と違って細かいところをしっかり見ているもの。

時計は経済力が見えるポイントでもあるので、バンドがボロボロになっている時計には、将来の不安を感じてしまいます。

今すぐ交換しましょう。

足元がスニーカー

おそらく多くの男性にとっては盲点かもしれない靴。

スニーカーはよっぽどのおしゃれさん以外は避けるべき。

服と靴がミスマッチだったり、傷んだり汚れていたりするとさらにNGです。

白くて長い靴下

見えないようで見える靴下も要注意ポイント。

  • 小学生みたいな白い靴下
  • 丈の長い靴下

ちょっとダサく感じてしまいます。

シルバーアクセサリーの重ねづけ

ドクロや十字架、チェーンウォレットなどは女性に大不評。

アクセサリーは付けていなくてもマイナスにならないので、できることなら付けない方が無難です。

男性向け服装ガイドのポイント

服装に気を使うことと、お金をかけることは別。

例え高級ブランド品じゃなくても女性は気にしません。

逆をいえば「オシャレさは求めていない」ということなので、これを分かっているだけでも、ちょっと気が楽になりますよね!

シンプルななかにいかに安定感を感じさせるか

上でもいったように、正直ダサくても問題ありません。

それでもヨレヨレな服や安っぽい素材の服は、

  • 「あぁ、この人洋服買わないのかな~(ケチ?)」
  • 「というか、買えないのかな~(お金ない?)」

と、安定とは程遠く思われてしまいます。

ある程度の経済的な安定は、女性にとって結婚の最低条件でもあるので、婚活の場ではちょっと良いもの、または新しいものを身につけるといいですね。

清潔感とは相手への気配り

清潔感というのは相手を感じてもらえなければ、何をやっても意味がありません。

服装はもちろん、

  • ヒゲの剃り残し
  • 爪が整えているか
  • 体臭と口臭はきつくないか

身だしなみに気を配ることも大切です。

婚活向き服装ガイド 男性編

女性と違って男性は限られたアイテムでいかにスタイリッシュに魅せるかがポイント。

ジャケットは女性ウケNo.1

ほとんどの女性が男性のジャケット姿にキュンとしますし、なによりきちんと感やフォーマル感がでます。

ただしシワのついたジャケットは、逆にマイナスになってしまうので要注意です。

ジャケットのインナーはなんでもOK

シャツを着るなら断然カラーシャツ。

特に水色やピンクは爽やかさイメージさせるのでおすすめ。

シンプルなTシャツやニットを組み合わせればカジュアルダウンもできるし、ちょっとしたこなれ感も演出できます。

ネクタイはしなくてもいい

というより、してもしなくてもどっちでもOK。

会社に行くわけでもないので、そこまでカッチリとしなくても大丈夫です。

ただしネクタイを締めるときちんと感は出るので、あとは女性にどう見せたいか次第だと思います。

ズボンはスラックスが無難

チェック柄やジョガーパンツなどもありますが、上級テクすぎて婚活向けとはいえません

スラックはシンプルに何にでも合うので間違いなし。

黒、グレー、ベージュは定番カラーなので、トータルバランスを考えながら選べば◎。

シルエットを意識する

服装のシルエットひとつで印象は左右されます。

シュッとして見えるようなタイトなシルエットは、落ち着きや、大人っぽさを感じさせるので女性に好印象です。

オーバーサイズは避け、ジャストサイズを選びましょう。

小物に気を使うと好印象間違いなし

NG編でもいいましたが、女性は細かいところをよーく見ています。

時計は1番目立つアイテムなのでちょっとだけ良いモノを。

とはいえ、高級ブランド品でなくてもいいので、身の丈に合ったものでOKです。

靴はビジネスシューズ以外を選ぶ

くたびれたビジネスシューズは安っぽく見えてしまうことも。

カジュアルデザインの皮靴や、スエード調のものを選ぶといいですね。

色やデザインはなるべくシンプルにするとよりスマートに見えますよ。

まとめ

いかがでしょうか?

女性は引き算、男性は足し算。

女性と男性では気を付けるポイントが違いましたね。

どちらにしても

「相手にどんな印象を持ってもらいたいか」

そしてそれは

「自分に似合っているのか」

この2つを念頭において考えていくといいですね。

 

婚活中の方は見ておくべき記事

婚活サイト2017年おすすめ一覧!選ぶべきポイントを完全網羅 1

2017年になりました。昨年婚活が思うようにいかなかった方は、「今年こそは!」と思っているかと思います。 2016年の婚活の反省点をぜひ生かしてほしいと思います。 さて、その婚活を2017年こそ成功さ ...

婚活サイトで「女性無料」なところでは真剣な出会いはある?ない? 2

婚活サイトの利用を検討している女性の中で、「女性無料」であることを条件にいれる方が多くいます。 ・最初はリスクなしにお試しでやってみたい ・無料や格安って女性の特権でしょ? ・婚活でお金を出すことが嫌 ...

30代にオススメの婚活アプリと出会いから結婚までの攻略のコツ 3

社会人になり、仕事やプライベートに大忙し! ふと気づけば30代になっていて、周りの友達はどんどん結婚しちゃってる!! …そんな方もたくさんいるのではないでしょうか? 「仕事も落ち着き、そろそろ結婚した ...

【2017年版】本当に出会える婚活サイトランキングTOP5! 4

「今年こそは本格的に婚活をスタートさせよう!」 年も明け、そう気合を入れている人も多いのではないでしょうか? だけど婚活サイトといっても数が多すぎて、どこへ登録しようか、何がいいのか迷ってしまいますよ ...

【具体例付】出会いがない社会人の特徴と隙間時間に取るべき行動とは? 5

「恋人が欲しいのに出会いがない」 こんなセリフをふと、口にしていることありませんか? 20代といえば就職して社会人としてのイロハや仕事と学ぶべきことが多すぎて、環境の変化に日々が目まぐるしく過ぎていく ...

-婚活テクニック

Copyright© 婚活サイト口コミ比較ガイド※そろそろ本気で結婚したいあなたへ , 2017 AllRights Reserved.