婚活テクニック

モテない男の特徴とモテる男になる方法を徹底解説!

投稿日:

モテない男の特徴とモテる男になる方法を徹底解説!

恋活や婚活をしていて、この人モテなさそうだなぁと思うことってありませんか?

モテないと言っても容姿が悪いとか汚いとかという理由ではなく、雰囲気的に、この人モテなさそう・・・女性の目線からこの人って、恋愛に向いてなさそうっていう人、なんとなくでもわかってしまうという人がいるのも現実・・・。

今回は、そんなモテない男性に焦点を当てて、どうしてモテないのか?という理由うも含めご紹介します。

納得!という声も聞こえてきそうな話題ですが、知っておくだけであなたの今後の恋活や婚活にも左右されることかもしれませんので、ぜひ読んでみてください。

非モテな男性とは?

非モテな男性というのは、見た目が悪いというわけではありません。

見た目より中身が大事という意見は8割の女性がそう感じているのです

女性の意見として、見た目が悪くても中身が良いというギャップに魅力を感じる人も多いのです。

このように考えると、非モテというのは中身がよろしくないという意見が圧倒的に多いということが言えるのではないでしょうか?

では、女性目線から、中身が非モテの男性というのは、どう言った男性のことを言うのか、調べてまとめてみました。

ここがダメ!非モテ男性の特徴

それでは非モテ男性の特徴を女性視点で解説していきます。

常識がない男性

圧倒的に女性目線から非難を受けることとして取り上げられるのが、常識がない男性です。

挨拶やお礼が言えない人

基本中の基本で、挨拶やお礼が言えない人は、女性にも悪い印象を与えます。

挨拶やお礼をしないことが強い男の特徴だと思っている人もいたりするのですが、それって、上から目線ではないでしょうか?

結婚や一緒に生活する上で、ありえないと思ってしまう女性は多いはずです。

店の店員になんらかのいちゃもんをつけて文句を言う

これは、一緒にいる方がすごく恥ずかしくなってしまいますよね。店員に絡む男性も非モテ注意!

お客だからなのか横柄な態度をとる人も嫌われる元です。

違法行為を平気でする男性

ルールを守ろうとしない男性はかっこいいと思っている人も多いのですが、女性からしてみたら、NG対象です。

もちろん、法律に違反するようなことを平気でやる人は言語道断!

常識のない男性として女性からだけではなく、いろんな人から嫌われてしまいますよ。

短気・神経質すぎる

短気は損気と言うように、短気な人は、残念ながら非モテ男性です。

ちょっとしたことでキレられてしまっては、女性側としては身が持ちません。

また、神経質すぎる男性も女性からはあまりよく思われないです。

細かいことにいちいち注意されたり、気をつけるよう言われると、疲れてしまい、将来的にもちょっとこれは一緒には生活できないと判断されてしまうかもしれません。

自信のない非モテ男性

あなたの周りに、こんな男性はいませんか?

「どうせ、自分はモテないし・・・」と口癖にしている男性。

この手の男性も、女性への印象は最悪です。自信のなさからなのかもしれませんが、考えてみてください。

誰にでもコンプレックスはあるものです。

マイナスの面しか見てなくて、プラスの面があるのにもかかわらず、悲観的になってしまう。

もっと伸ばせるところはあるはずです。

それを努力しようともせず、モテないし・・・と嘆いているのは、女性の視点から見てドン引き対象になりますよ。

モテないコンプレックスのところを見るより、プラス面でもっと良い面を活かせる努力をしてみましょう。

女性もその方が、応援したくなりますし、印象も変わってきます。

恋愛に対して臆病な非モテ男性

これも、自信がない男性と若干似ているところがあるのですが、恋愛に対して臆病になりすぎて、積極的にいけない男性は非モテ男性認定されやすいです。

もちろん、会話もあまり成り立たないですし、コミュニケーション能力も低いとみなされてしまいがちです。

自慢話の多いのは非モテ男性の特徴

コミュニケーション能力が低いのもモテない男性の特徴ではありますが、逆におしゃべりすぎて、自分の自慢話ばかりしてしまう、いわゆる「空気の読めない男」も女性から見たら非モテ対象の男性になってしまいます。

また、さらにこんな人も非モテ対象になってしまうのです。

自分の意見を押し通そうとする非モテ男性

男性はプライドの高い生き物。女性だって十分にそのことはわかってます。

ただ、そのプライドの高さゆえに、自分の意見を押し付けようとはしてませんか?

女性は時として、ただ話を聞いて欲しいと話をすることもあります。

黙って、ウンウンと聞いてくれればいい、そんな時に男性側の意見を押し付けようとする人がいると一気に冷めてしまうこともあります。

一番残念なのは、「いい人」止まりで終わってしまう非モテ男性

あなたはこんなタイプではないですか?

女性と話はできるし、特に意見を押し付けるタイプでもない。なのに、いざ女性とお付き合いになると「いい人」で終わってしまい、それ以上の発展もないという男性。

もしも、ドキッとしてしまったら、あなたはもしかすると「いい人」止まりの残念な男性なのかもしれませんよ?

いい人止まりで終わりな非モテ男性から脱出する方法

女性からみて、たくさんの「残念な非モテ男性」をあげてきましたが、どれについてもあなた自身が変わることで非モテ男性から脱出することはできます。

しかし、最後に取り上げた「いい人」な非モテ男性に関しては、あまり自覚症状もないのかもしれません。

実際に、「いい人なんだけれど・・・」と女性から言われたことはありませんか?

この時点で、「いい人」止まりなんです。

そこをまず、自覚するところから始めましょう。

そして、ここからご紹介するのは、「いい人」から卒業できる方法です。

いい人は「どうでもいい」人なだけ

女性からみての「いい人」というのは「どうでもいい」人と思ってください。

どうでもいいということは、可もなく不可もなく、普通になんとも思わない人なのです。

つまり、恋愛対象としては普通であり、なんとも思ってない人で終わってしまっているのです。

では、そのどうでもいい人から脱出するにはどうしたら良いかわかりますか?

どうでもいい人から脱出するには?

いい人というのは、「自分の意見があやふや」で終わってしまうことが多いです。

会話の中で、意見を求めらた時に「どちらでもいいよ」とか自分の意見を述べなかったというような状態をまずやめましょう。

意見を女性に合わせることはありません。

女性は、どちらかといえば、あなたの意見を聞きたいのです。

それなのに、男性側の「どちらでもいい」発言を聞いてしまうとこの人は自分の意見が言えないのかしら?と思ってしまいます。

こんなことを言ったら嫌われてしまうのではないか?と意見をのむことはありません。

むしろ、意見を言わないことの方が非モテとされてしまうかもしれませんよ?

優しい男性がモテると勘違いしている人もいるのかもしれませんが、優しい人というのは意見を言わない人のことではありません。

むしろ、意見をしっかりと持っている人の方が、女性側としては魅力的な男性と映るのです。

大切なのは内面

以上、いくつか非モテの男性についてあげてきましたが、いかがでしたでしょうか?

女性は、外面より内面を大切にしています。

外面に自信がないからと言って、そこで終わってはもったいないです。

内面を磨き上げてこそ、人間味が出てきますし、女性としてはそこに魅力を感じるものです。

外面がよくないから諦めるのではなく、内面推しで勝負のできる素敵な男性を目指してみてくださいね。

女性は、見ているところはちゃんとみていますよ。

 

婚活中の方は見ておくべき記事

婚活サイト2017年おすすめ一覧!選ぶべきポイントを完全網羅 1

2017年になりました。昨年婚活が思うようにいかなかった方は、「今年こそは!」と思っているかと思います。 2016年の婚活の反省点をぜひ生かしてほしいと思います。 さて、その婚活を2017年こそ成功さ ...

婚活サイトで「女性無料」なところでは真剣な出会いはある?ない? 2

婚活サイトの利用を検討している女性の中で、「女性無料」であることを条件にいれる方が多くいます。 最初はリスクなしにお試しでやってみたい 無料や格安って女性の特権でしょ? 婚活でお金を出すことが嫌だ タ ...

30代にオススメの婚活アプリと出会いから結婚までの攻略のコツ 3

社会人になり、仕事やプライベートに大忙し! ふと気づけば30代になっていて、周りの友達はどんどん結婚しちゃってる!! …そんな方もたくさんいるのではないでしょうか? 「仕事も落ち着き、そろそろ結婚した ...

【2017年版】本当に出会える婚活サイトランキングTOP5! 4

「今年こそは本格的に婚活をスタートさせよう!」 年も明け、そう気合を入れている人も多いのではないでしょうか? だけど婚活サイトといっても数が多すぎて、どこへ登録しようか、何がいいのか迷ってしまいますよ ...

【具体例付】出会いがない社会人の特徴と隙間時間に取るべき行動とは? 5

「恋人が欲しいのに出会いがない」 こんなセリフをふと、口にしていることありませんか? 20代といえば就職して社会人としてのイロハや仕事と学ぶべきことが多すぎて、環境の変化に日々が目まぐるしく過ぎていく ...

-婚活テクニック

Copyright© 婚活サイト口コミ比較ガイド※そろそろ本気で結婚したいあなたへ , 2017 All Rights Reserved.